より楽しく、よりキレイに

2017.11.10 BEAUTY

ロングヘアがすっきりまとまる♪ RUNにぴったりの美ヘアアレンジ

ロングヘアがすっきりまとまる♪ RUNにぴったりの美ヘアアレンジ

オシャレの幅が広がるロングヘア。しかしRUNを楽しむ女性にとっては、走っている間に髪が顔にまとわりついたり汗で乱れたりと、意外に悩みも多いのではないでしょうか?そんなロングヘアの女性ランナーが抱くお悩みを解決するため、崩れにくいのに可愛いヘアスタイルをご紹介!資生堂ヘアメイクアップアーティストの篠塚豊良さん指導のもと、モデルの高橋晴香さんがチャレンジしました。

篠塚豊良:資生堂ビューティークリエーション部所属ヘアメーキャップアーティスト。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、女性誌やコレクションなどでも多岐にわたり活動。ヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。

オシャレと快適さを両立♪ロングヘアのまとめ髪をマスターしよう

今回はロングヘアアレンジを2パターンご紹介。どちらも長い髪をスッキリまとめながらオシャレに見せる、RUNにぴったりのアレンジです。ぜひトライしてみてくださいね!

≪ワンポイントアドバイス≫ もっと可愛く!ヘアアレンジ前準備

毛先を全体的に軽く巻いておくと、ポニーテールをした時にニュアンスが出てよりオシャレな印象に。太めのコテで内巻きの毛束と外巻きの毛束をランダムにつくる程度でOKです。また、アレンジ前にワックスなどのスタイリング剤をしっかり揉みこんでおくことも重要なポイント!まとまりがよくなるので、長くて難しいロングヘアのアレンジがしやすくなりますよ。

1)ふんわりツイストがRUN姿を華麗に見せる!ねじりポニーテール

ふんわりツイストがRUN姿を華麗に見せる!ねじりポニーテール

ロングヘアの定番アレンジ、ポニーテールにひと手間プラスして華やかに見せるスタイル。サイドをねじってツイストすることで、顔周りの後れ毛をきちんとまとめながら、オシャレ度もUPします。走るたびに揺れるふんわり巻きのポニーも女性らしくて素敵。横顔、後ろ姿ともにRUN姿に死角なしのヘアアレンジです!

≪STEP≫
①スタイリング剤を髪全体になじませたら、サイドの髪の毛は残し、残りの髪をうしろで結び、ポニーテールにする。こめかみより上、高めの位置で結ぶとバランスが良い。トップは指でつまんで引き出しておくことで頭の形をキレイに見せる。
「サイドの髪は次のステップで2束に分けてねじりを加えるので、毛量によって2束に分けられるくらいの髪の毛を残しましょう。ポニーテールをする時は、あごを少し上げながら行いましょう。結んだ後、襟足の髪の毛にたわみができずスッキリまとめることができます」と篠塚さん。

① スタイリング剤を髪全体になじませたら、サイドの髪の毛は残し、残りの髪をうしろで結び、ポニーテールにする。

②サイドに残した毛束を上下2つに分けたら、それぞれをねじってポニーテールの結び目へもっていき、ポニーテールの結び目上あたりにピンで留める。毛先は後でゴムに巻きつけるので、ねじりは毛束の8分目くらいまででOK。

② サイドに残した毛束を上下2つに分けたら、それぞれをねじってポニーテールの結び目へもっていき、ポニーテールの結び目上あたりにピンで留める。

ピンはねじった方向と同じ向きに留めると1本でもしっかり固定することができます。今回は上からねじったので、写真のようにピンを上からさして留めています。
③ ②の毛束の8分目〜毛先までのねじっていない部分をゴムの結び目に巻きつけて、ピンで留めたら完成!

毛束の8分目〜毛先までのねじっていない部分をゴムの結び目に巻きつけて、ピンで留めたら完成!

2)不器用さんでも挑戦しやすい!編み込みローポニー

不器用さんでも挑戦しやすい!編み込みローポニー

長い髪を生かしたボリューミーな編み込みスタイル。難しく感じる人も多い編み込みですが、今回のように、編んだ後に編み目を大きく崩すアレンジなら編み込みがあまり上手にできないというでもトライしやすいはず♪さらに、毛先まで編まずにローポニーに仕上げることでより挑戦しやすくなっています。

≪STEP≫
①サイドの髪を耳の後ろまで多めに残し、後ろで編み込みをしてひとつ結びにする。
②編み目の根元を片方の手で押さえながら、もう片方の指で毛束をつまんで引き出す。こうすることでアレンジに立体感がでるので、バランスを見ながら各編目をふっくらさせる。

② 編み目の根元を片方の手で押さえながら、もう片方の指で毛束をつまんで引き出す。

③残しておいたサイドの毛束を2つに分けたら、毛束同士をクロスしながら後ろの結び目までもっていく。

③ 残しておいたサイドの毛束を2つに分けたら、毛束同士をクロスしながら後ろの結び目までもっていく。

④クロスさせた毛束をゴムの結び目に巻きつけて、ピンで留めたら完成!
「サイドの毛束同士をクロスさせて後ろまでもってきたら、指で毛束をつまみながら引っ張り出してニュアンスをつけましょう。サイドの毛束をゴムに巻きつける時は写真のように下からくぐらせるようにすると◎。こうすることで襟足の後れ毛も巻き込んでくれるので、首元がよりスッキリして邪魔になりません」と篠塚さん。

クロスさせた毛束をゴムの結び目に巻きつけて、ピンで留めたら完成!

クロスさせた毛束をゴムの結び目に巻きつけて、ピンで留めたら完成!

ヘアアレンジに挑戦した高橋さんの感想は?

今回モデルを務めてくれた高橋さんが普段ランニングをする時は、お団子やポニーテールなど手早くまとめられるものが多いそう。今回のヘアアレンジに挑戦してみていかがでしたか?

「ヘアスタイルが可愛いと気分が上がって、RUNも『やるぞ!』と気合いが入りますね。ポニーテールがサイドをねじるだけでこんなに可愛くなるなんてビックリです!早速、次のRUNから取り入れたいと思います」(高橋さん)

現在の目標はホノルルマラソンだという、高橋さん。走りやすくてキュートなヘアスタイルは、大会やRUNイベントでも目を引きそうですね♪

みなさんも、ご紹介したヘアアレンジを参考に、オシャレとRUNの両方を楽しんでみてはいかがでしょうか。

≪おすすめアイテム≫

トゥルーエフェクター(ニュートラル)/ステージワークス
驚きの伸びで薄付き・素髪質感
トゥルーエフェクター(ニュートラル)/ステージワークス
詳しくはこちら

パーフェクトシャワー(さらさら) EX/マシェリ
補修・保湿しながらさらさら髪に仕上げるローション
パーフェクトシャワー(さらさら) EX/マシェリ
詳しくはこちら

高橋晴香
高橋晴香

広告やwebモデル、インスタグラマーとして幅広く活動中。趣味はランニングで、目標は「ハワイのホノルルマラソン!」とのこと。

SHISEIDO RUNNING CLUB 詳しく見る
資生堂のスポーツ支援・協賛 SHISEIDO ACTIVE BEAUTY 詳しく見る